家族葬そのメリットとは

家族葬とは

家族葬とは 葬儀とは、大切な家族との別れや見送りの儀式です。多様化する葬儀サービスの中で、見送る人と故人の思いや事情で葬儀のあり方を選べるようになりました。社会関係に重きを置いた一般葬、法人が施主となり会社などによって執り行われる社葬など、葬儀にはいくつかの種類があります。その中でも家族のみや親戚、親しい友人なども加えた少人数で葬儀を執り行いたい場合は、家族葬を選択することが多くあります。流れとしては、一般的な葬儀と相違ありません。 通夜が行われ、その翌日に葬儀、告別式、火葬といった一連のセレモニーが行われます。家族葬は、近親者が主体となって故人を送ります。密葬と混同されることがありますが、密葬と家族葬は違うものです。密葬は、後にお別れの会や本葬やが行われる事が前提として執り行われます。

家族葬とは、家族が呼ぶ方を決定することができる葬儀とも言えます。家族葬の範囲に対する見方もさまざまで、はっきりとした決まりごとや規定はありません。兄弟や姉妹は家族に含むのか、どこまで知らせるのか、香典や辞退するか否か、もしもの時に慌てずに済むよう、生前の交友関係等をよく考慮したうえで故人の遺志や遺族の事情を充分に話し合っておくことが重要です。連絡する範囲、参列してもらう範囲を記した一覧表を事前に作成しておくこともよいでしょう。

大切な家族を亡くした中、家族葬の進行や多方面の手続き、次々の来客への対応など、一番悲しむべき人がその暇も無く慌しくと忙しいのは非常に辛いものです。家族葬は、近親者のみで執り行うことができます。弔問客への気遣いに気を取られることなく、心静かに故人とのお別れができます。日程なども自由に設定しやすく、ゆったりとあたたかい気持ちのこもった家族葬を行いたい遺族にとって、理想的な形態です。

参列人数が多い葬儀では、その人数や規模によって予算が大きく変動することがあります。当然、地域の慣習などによっても変わってきます。家族葬ならば、遺族の希望のプランに沿わせながら少人数で行うため、予算の変動が少なくすみます。葬儀スタッフの人件費や葬儀場の設備費、通夜振舞い、返礼品等の費用も抑えることできます。様々な葬儀社が家族葬を執り行っています。もしもの際に葬儀社を選定しておくことも大切です。様々な情報が氾濫していますが、実際に資料を請求したり、直接葬儀社へ相談に行くことで価格だけではなく、対応や雰囲気などを比較して検討することができます。

お知らせ

  • [2018年08月09日]
    ホームページを更新しました。

  • [2018年08月09日]
    運営者情報を追加しました。